沖縄への旅行を考える

沖縄へ行くなら慶良間のダイビングを楽しみましょう。
那覇から40キロに位置する慶良間には、都会では見られない美しい海を見ることができ私たちの目を癒やします。
沖縄へ行くには様々な手段がありますがどれがよいのでしょうか。

飛行機で沖縄へ直行

東京や大阪といった都市の空港から、沖縄への飛行機はたくさん出航しています。
これらはどれも沖縄へ向かうときのポピュラーな交通集団です。
大いに使うことおすすめします。

船で時間をかけてじっくり沖縄へ

今でこそ飛行機があり、沖縄へ行くにしても日帰りOKになりましたが昔は船を使うほかありませんでした。
実は今でも沖縄への航路は用意されており、飛行機に比べたら莫大の時間がかかりますが価格は安くなおかつ船旅を楽しみながら沖縄へ行くことができますからおすすめです。

慶良間へは船で

沖縄の那覇に着いたら今度は慶良間へ行かなければなりません。
慶良間と言っても様々な島があるためそれぞれ行くところによりけりですが、慶良間の中でも中心となる「渡嘉敷島」へは船で行きましょう。
先ほどの東京から沖縄への航路とは違い、本島から渡嘉敷島までは約40キロほどの位置にありますから船で行くのにはストレスにならない距離です。
都会の海とは異なり出発したらすぐに美しい海が広がり、慶良間に近づけば近づくほど「ケラマブルー」と称される美しい海が私たちを迎えてくれます。

時間をとるか旅情をとるか

沖縄への旅行には様々な交通手段があると言うことがわかりました。
この中からあなたに最もぴったりな方法を選んでみてはいかがでしょうか。
慶良間への移動手段はどれをとっても同じですが、早さをとるか旅情たっぷりに沖縄へ移動するかはあなたの好みですよ。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP